今のあなたの恋愛依存度は14%です!

恋愛依存傾向

恋人に対する依存度が非常に低く、まったく執着しないタイプです。

ベタベタせずにある程度の距離感を保つことができますが、逆に言えば恋人の行動に対する関心も薄く、恋人がどこで何をしていてもどうでも良いと思う傾向にあります。

しっかり自立しているため自分のことが一番大切で、恋人は二の次という人も多いでしょう。

そのため恋人が「本当に自分のことが好きなのだろうか」と不安になってしまうことも。

それが破局の原因になることもあるため、復活愛を目指す前にまずは依存心のなさすぎを克服する必要があります。

恋人への愛情表現が上手になるには

愛情表現には贈り物やスキンシップなど様々な方法がありますが、なんといってもやはり言葉による表現が一番有効。

常に「好き」と伝えることは難しくても、「ありがとう」などの感謝の気持ちや「かっこいいね」などの褒め言葉を意識して使うようにしましょう。

友人に対してなど普段の場面で使うようにすることがコツです。次第に言葉による愛情表現がうまくなるでしょう。

毎日、今日はどのくらい気持ちを表現することができたかチェックしてみてください。軌道に乗ってきたら、軽いボディタッチも練習すると良いでしょう。

愛情表現がうまくなったト実感できたあとは

愛情表現がうまくなったと実感できたら、相手にメールを送ってみましょう。

直接会って話すと変に緊張したりうまく伝えられなかったりするため、文面を考えてから送ることのできるメールがポイントです。

つきあっていた頃の相手に対する感謝の気持ちや、今はどう思っているのかなどの気持ちを正直に伝えてください。

相手から良い返事が来たら、実際に会って話をする機会を作ると良いでしょう。

その時は素直に「もう一度やり直したい」などのストレートな言葉を自分の口でハッキリと伝えると、相手の心を動かせるはずです。